Skip to content →

カテゴリー: VALU

天国と地獄を味わえるヤノヨシの写真講評

写真あるある。
「店内の照明が暗いお洒落なカフェでランチを撮ったらブレて躍動感とスピード感に溢れたご飯写真になりがち」
日本の西から、日本の北南東の皆さんに向けてこんにちは。
今年の夏は波打ち際でミラクルファイト、ヤノヨシタカです。
 
VALUで新しい優待を2つ同時にリリースさせて頂きました。
 
「写真家に全力で写真を褒められる権」と「写真家に全力で写真を叱られる権」です。
 
ゴー・トゥー・ヘブン、ゴー・トゥー・ヘル。
天国と地獄を味わえるヤノヨシの写真講評。
言いたい事も言えないこんな世の中じゃ ポイズン。
 
生ぬるい気持ちで「いいですねー」とか性に合いません。
褒めるのであれば全力で褒めます。
降り注がれる祝福の言葉たち。
写真はお名前と講評と共にVALUアクティビティ投稿に公開させて頂きます。
天使のラッパによって、天国へと導かれるようなひとときの愉悦を味わって頂けます。
 
叱るのであれば全力で叱ります。
ウォッチャーさんが
「もうやめて、この人のHPはとっくにゼロよ」と涙ながらに止めに入るまで
全力で写真を批評します。
写真はお名前と講評と共にVALUアクティビティ投稿で晒しあげ、公開処刑を行います。
 
皆様に楽しんで頂けたらと思います。
 
ヤノヨシタカ-VALU
ウォッチのご登録、お気軽に。
https://valu.is/yoshitakayano

 
 



Comments closed

フォトグラフィーは「光で描く」という意味

|ESSAY / 写真のハナシ|

写真あるある。
「ロングスカートの女子、海に入りがち」
おはようございます、ヤノヨシタカです。

今日のテーマは
「フォトグラフィーは「光で描く」という意味。光を操ること。」

撮影のテーマ探しに困っている方はいませんか?
暇つぶし程度で構いませんので
何を撮るかの被写体探しよりも被写体にどう光が当たっているかに興味を持って撮影されみてはいかがでしょう。
目線を変えてみると通勤途中の表情もガラッと変化します。

アシスタント時代、師匠から言われたことは
「カメラマンの仕事は、光を介入させること」と教わりました。

写真は照明機材で光を作ることはもちろん、現場で光を読む力が求められるのです。

スナップ写真において、私の場合は光より影を見ることの方が多いです。
撮影とは「影を撮る」と書きます。
光よりも影を操る方がとても難しいのです。
光を上手に撮れるようになったら影が主題の写真にも是非トライしてみてください。

 

|Diary / VALUアート界隈散歩日記

昨日は私も経験も兼ねてVALUを注文してみました。
アート業界は知識があるので、様々な人を見ているだけでも楽しかったです。
圧倒的に参加者が少ないのは仕方がありません。

ひたむきに絵を描き続けている作家さんが「株みたいなもの」と言われても簡単には始めないと思います。
作家さんは分かることへのパワーは強烈ですが、分からないことへの拒絶反応も強烈です。
アート界隈の盛り上がりはもっと認知度を得てからですね。

昨晩はクリエイティブディレクターの友人とBARで勉強会。
主には企画やVALUでのアートシーンがどう変貌するかなどについて議論しました。

アートは専門ですが、株の売買についてはチンプンカンプンの二人だったので
VALUは株ではないとはいえ、「この時はどうなんだろう…」「この場合は…」と
打って変わってオロオロしていて話していたのは内緒のハナシ。
とても有意義な時間を過ごせました。

 

 




Comments closed

VALUのピックアップに掲載して頂きました

おはようございます。

嬉しいニュース。
VALUのピックアップに掲載して頂きました。
学生の頃、席替えで好きな女子の後ろの席になれた時と同じくらい嬉しいです。
(後頭部しか見れませんでしたが幸せでした)

私はカメラマンのヤノヨシタカと申します。
肖像写真(ポートレイト)を専門とした写真作家です。
東京を中心に全国各地で製作活動をしており
広島でアートギャラリーカフェCafeBressonを経営しながら生活をしています。

「東京出張撮影会」(2013)
「広島で生活する1000人のスナップポートレイト」(2014)
「たのしいスタジオ写真」(2016)
「男のモノクローム写真in東京」(2017)
など、一風変わった製作活動をしています。

感性が鋭くライフスタイルにポリシーを持っている人が男女問わず数多くいます。
しかし昨今のポートレイト需要はまだまだ諸外国に及びません。
このまま日本からポートレイトを疎遠にしてよいのか。
「日本の誰しもが気軽に肖像写真を楽しめる時代を創る」を行動指針に
現代に生きる写真家としてできることを考えて行動しています。

我らの時代の人間を、
我らの時代の強さと魅力を、
写真で語っていきます。

通常のご依頼を頂くポートレイトを撮りながら
自分で撮影企画を作り東京などで活動しています。

VALUで集まった資金は
全国への出張費やCafeBressonでのサービス向上に活用させて頂きます。
夢は大きく、東京は表参道や丸の内で個展も目指します。

優待特典は今秋開催予定の「東京出張撮影会」での
ポートレイト撮影権やワークショップ参加権を予定しております。
この企画は撮影スケジュール発表から数日で予約が埋まってしまう人気企画となっております。
この機会にヤノヨシタカのポートレイトをご体験頂ければと思います。

順次開始予定、保有数等の詳細は各SNSまたはVAULのタイムラインでご案内させて頂きます。
今後とも何卒宜しくお願い致します。

写真は広島の作家仲間、画家の手嶋勇気さんです。
秋からスイスで個展に向けて旅立つそうです。
旅路が健やかでありますように。

ヤノヨシタカのVALU
https://valu.is/yoshitakayano

 

 



Comments closed

VALUはアーティストの作品に似ている

VALUをはじめて5日間が経過しました。
土日はVALUのサービスもメンテナンスお休みでしたので
色々と勉強する時間ができました。
感じたこと、考えていることをまとめてみます。
 

「アーティストの作品に似ている」

そもそもVALUとは何か。
個人の価値を売買するサービスで、個人で株式(VALU)を発行できます。
ユーザーの皆様は上場した個人のVALUを購入し株主(VALUER)になれるという仕組みです。
株とは違って配当金等のリターンがないので投資というより「応援」のようなサービスです。
 
私は写真撮影の他に、自身が経営するギャラリーカフェCafeBressonにて
定期的に個展やイベントを開催してプライベートワークの作品を販売して生活しています。
ご購入頂いた「作品」を長期で保有して下さるお客様もいれば、再販予定のない希少な作品は転売されるお客様など、
皆様にそれぞれのライフスタイルでアートを楽しんで頂いております。

VALUでは価値が「私」となるわけですので
これまで売買されていた作品と同じように「私」が売買されるのです。

主人公である「私」と、
ずっと「私」を応援したい人、
次のファン候補に「私」を譲る人 、
この3人の出演者が巻き起こすドラマです。

今まであるようでなかったアイデアです。
ファンの皆様と共に一緒に楽しめるので、ええじゃないかと。

どの道、毎日コツコツと頑張ることに変わりはないので
VALUをやろうとやるまいと
アーティストとして明日やるべきことは変わりません。
 

駆け出しの頃からこれまで応援して下さった皆様、
これから応援してくれる皆様と一緒に楽しめる。
とても良いサービスだと思います。
 
VALU / ヤノヨシタカ ページ
https://valu.is/yoshitakayano




Comments closed